×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中高年のゴルファーのプレー中の事故

日本のゴルフ人口は、約2000万人ともいわれいるんですよ。そして、5人に1人はゴルフを行っているということになるほどなのです。また、その年齢構成は30〜40歳以上が大多数を占めているようなのです。そして、ゴルフを楽しむ人達の増加にともなって、とくに中高年(青年と老年の間の年頃をいい、壮年と表現することもありますが、具体的にいくつからいくつまでを指すのかは曖昧です)のゴルファーのプレー中の事故が多くなってきているとの報告が多くなるんですよ。

その内容を見てみれね、ゴルフプレー中は突然死の頻度が高いことや、クラブやボールなどによる怪我や、腰痛、膝痛などの慢性過労性なもの、また、心臓や脳に起因する物などが多いとの事なんでしょう。ゴルフは炎天下でのラウンドもしばしばなのです。

帽子をかぶることは、日差しから頭を守ると同時に、万が一ボールが頭を直撃したときの為にもかぶる必要があるのですよ。また、水分をこまめに摂取する事をオススメします・・。でも、がぶ飲みはいけないそうですよ。あくまでもこまめにとることが大切なポイントなのです。一般にゴルフは歩行を中心とした運動でインパクトの低いものとされているのですが、動作の中には、スイングなどといった高いインパクトを体に与えるものもあるのですよ。そして、なによりアルコールを飲むのはプレーが終わってからにしてくださいね。アルコールについては、これも利尿作用があって、脱水などを引き起こす原因にもなるんですよ。

また、心臓に危険因子を持っている人にとっては命取りともなりかねないものとなるのです。心臓に起因するものとしては、心筋梗塞や、心不全などの虚血性心疾患(後天的な要因が元になる場合もありますが、先天的に持病があったり、遺伝によって発症する可能性が高くなることもあるでしょう)と言われるものなのですが、この発症の危険性が高い原因は、ゴルフを愛(人に与えることでもらえるようにもなるそうです)好してている人に、中高年の男性が多くて、危険因子を複数持っている人が多いためとされているのですよ。

具体的には、プレー中はもとより、スタート前や、昼食時、入浴前(サウナも含む)などのときには、アルコールを飲むことを避けるべきなのです。もし、ビールなどのアルコールを飲むのであるならぱ、プレーが終わって、着替えも終えてからが最もよいと思いますよ。ですが、運転して帰られる方は、帰宅してからにして下さいね。