×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルフクラブ

ゴルフをするには、ゴルフクラブが必要ですよね。ゴルフのルールでは、14本のゴルフクラブ(ヘッド、シャフト、グリップで構成されており、それぞれ様々な素材で作られています)をキャディバッグ(女性にとってはいくつあってもほしくなるもののようです)に入れてプレー行うケースなっているんです。

一口でゴルフクラブ(自分との相性が大切なので、試しうちしてみた方がいいといわれています)といってもいろいろあるんですが、大きく分けるとウッドや、アイアン、パターの3種類に分かれるんですよ。ゴルフクラブ(当然ですが、同じゴルフクラブを使っても、体格や技術力などによって畭なる結果が出るものです)は、それぞれのコースや目的に合わせて使い分けるようになっているのですよ。

ドライバーやウッドなどはそれぞれの中でも、大きさや角度の切り方でゴルフボールの飛び方が変わるになりますよね。1番ドライバー、9番アイアンなどと呼んで区別しているのですよ。ゴルフの戦略においてウッドは遠くまでボールを運ぶために長い飛距離を得たい場合に使うのです。長い飛距離を得るためシャフトも長くて、ヘッド(ゴルフボールを当てる部分)の形状もゴルフ独特のものなのです。

ウッドと呼ばれるとおり昔は木でできていましたが、ゴルフ道具もテクノロジーの進化に伴い、ヘッド部分は金属(特に軽量で反発力の高いチタン)へ変わってきているためす。そして、握りの硬さの好みに合わせて自分で選ぶことが可能になっていますよ。また、お店の中に工房があるところは、クラブのチューニング(チューニング・メーターの略称として使うこともあります)もやっているので、店員さんはクラブに詳しいはずでなのですよ。なので、わからない事は、聞いてみるといいですよ。

もうひとつのポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)は、バランス計やクラブ重量を量る秤(はかり)を店頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)のさりげない場所に置いているかどうかなのです。ゴルフクラブは、精密機械(人間には不可能なことや負担の大きすぎることも、簡単にやってくれますね)とは違い多少のバラつきがあるのです。

このため、同じ銘柄のドライバーでも、厳密に比べると1本、1本スペックが違っているのです。ゴルフでは1番ウッドのことをドライバー、3番をスプーン、4番をバッフィー、5番をクリークと呼ぶんですね。ゴルフにおいては遠い飛距離を得たいクラブが小さい番号で呼ばれて、数字が大きくなるほど近い距離を狙うものになるんですよ。