×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルフボールの種類

ゴルフボール(ヘッドスピードにあわせたものを選ぶというのも大切でしょう)には、数おおくの種類があるのです。しかし、いずれのゴルフボール(消耗品のひとつですが、こだわりを持つゴルファーも多いものです)も、直径が42.67mm以上、重量45.93g以下と規格が決まっています。

ボール表面には300〜400個程度のディンプルと呼ばれるくぼみがあり、これはボールが遠くに飛ぶように考案されたもの。ディンプルが大きければボール(ある意味、消耗品ですが、大切に使えね長持ちするでしょう)をあげる力が弱く、浅ければ強いと言う違いがあるのです。

ゴルフボールの基本的な構造は、中心部(コア・芯)のみの「ワンピース」、芯にカバーを被せた2重層の「ツーピース」、芯にケースとカバーを被せた「スリーピース」、芯が2重層になり、更にケースとカバーを被せた「フォーピース」です。ゴルフボール(消耗品のひとつですが、こだわりを持つゴルファーも多いものです)のほとんどが、これらどちらかのタイプと思います。近年は、スリーピースが主流ではないでしょうか。

さて、ゴルフボールの種類って言うと、大別すると、以下の2つに分けられます。

・飛距離重視のディスタンス系
・スピン重視のコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)系

これらは使用されている素材により、性能が畭なるのです。例えば、ディスタンス系であっても、芯に高反発の硬い素材を使用して、柔らかい素材をカバーにすれば、飛距離が出るに限ったことではなく、優れたスピン性能を発揮するなど。一般に、芯が硬いとスピンがかかりやすくて、やわらかいとスピンがかかりづらく、カバーが硬いとスピンがかかりにくくて、やわらかいとスピンがかかりやすいという特徴があります。

どのボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)を選択するかは目的によってますが、遠くへ飛ばしたいと言う場合はディスタンス系、望むところでボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)をとめたい場合はスピン系のボールを選ぶと良いですよ。なお、カバーが柔らかい素材のボールは傷がつきやすく寿命が短いので、出費を抑えたい場合は、カバーが硬めのボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)を選択することがお勧めです・