×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パターの種類と特徴

パターは、グリーンやグリーンまわりでボール(製造の過程をテレビなどで紹介することがありますが、意外と原始的で精巧に作られています)を転がす為に使ってみるクラブの事を言うのです。

パターは、ウッドやアイアンと比べれね、グリップの形状やサイズが、バラエティーに富んでいるのが特徴です。いずれにせよ、パターに求められるのは距離感と方向性、そして、スイングしたときのバランスやフィーリング(ペアになっていて、二つを組み合わせたデザインというのも多いものです)などですね。

パターはヘッドの形状で大きく分けて、

「ピンタイプ」
「マレットタイプ(かまぼこ型)」
「L字型」
「T字型(キャッシュインタイプ)」の4種類があるのです。

ピンタイプは、重量をトゥとヒールに分散することでスイートスポットが広がり、安定感が得られます。ヘッド近くのシャフトがグースネックなのが特徴になります。マレットタイプは、上からみたらかまぼこのような形状をしたパターで、ソールが広く安定感があり、現在最も人気があります。

T字型は、最もベーシックかつ、古い形状のパターのひとつで、ヘッドの中心付近にシャフトがついており、スイートスポット(スイートスポットを点と考え、その周囲をスイートエリアと呼ぶこともあります)を拾いやすいのが特徴になります。

L字型は、T字型同様、古い形をしたパターのひとつ。シャープな打球感があり、スイートスポット(その道具によっても位置が変わります)が狭いので中級〜上級者向けです。

ほかにマレットタイプの一種であり、ラインの合わせやすさと慣性モーメントに優れている事によりここ数年ブレイクしている「2ボール(大会などで使うものが規定で決まったいるのならそれと同じものを、そうでなけれね許される範囲で自分に合ったものを使いましょう)型(残存効果型)」や重心深度が深い「トンカチ型」などもあるのです。以上のパターの中で初心者さんにお勧めなのは、ピンタイプとマレットタイプです・