×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アイアンの種類

アイアンとは、距離を打ち分けることを目的としているゴルフクラブのことをいいます。アイアンは、飛距離よりもボール(製造の過程をテレビなどで紹介することがありますが、意外と原始的で精巧に作られています)をコントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)し、狙った所に持っていくことを重視してつくられており、ウッドクラブ(飛距離をかせぐことを目的として使用されるクラブですね)よりもヘッドが薄くシャープなつくりになっています。

クラブヘッドはその大半が鉄製です。アイアンは、通常3番からSWまでのセットで構成されていて、用途別に3番〜9番、PW(ピッチングウェッジ)、AW(アプローチウェッジ)、SW(サンドウェッジ)の4つのグループに分類(難しい名前が付いていることもよくあります)されるのです。具体的にいうと、以下のようになるでしょう。

・3番、4番のロングアイアンは、160〜200ヤードを打つ際に使用
・5番〜7番のミドルアイアンは、130〜160ヤードを打つときに使用
・8番と9番のショートアイアンは、100〜130ヤードを打つ時に使用
・PW(ピッチングウェッジ)は、100ヤード以内で使用
・AW(アプローチウェッジ)は、アプローチショット(スポーツ競技における打撃行為のことをいいます)で使用
・SW(サンドウェッジ)は、バンカーから脱出するにあたって使用

また、アイアンは、構造別に3つに分類(特徴や個性に合わせて行われていることがほとんどです)されます。一つは、フェースの後ろが凹んだ形状になっている「キャビティアイアン」、ヘッドの内部が空洞になっている「中空アイアン」、シンプルな板状になっている「マッスルバックアイアン」です。初心者には、値段が安く種類(それぞれに違いがあるものです)も豊富なキャビティアイアンがお勧め。

ボールが上がり易く、スイートスポット(非常に狭いので、狙って当てるのはかなり難しいかもしれません)も広く、方向性が安定している為、割と扱いやすいと言えますね。
テニスシューズ 選び方